帽子をかぶるとハゲるという都市伝説

髪の毛のパサつきやトラブルを予防する為に、髪を紫外線から守る一番効果的なのは帽子。
最近は可愛い帽子もたくさんあるので、おしゃれしながら紫外線対策も出来て嬉しいです。

 

でも、夏に帽子をかぶると暑くて汗が流れ、帽子の中は蒸し風呂状態です。そんな状態が続くのは頭皮にとってどうなの?と思いました。

 

もちろん風が通る麦わら帽子などはいいと思うけど。

 

それに子供の頃によく「帽子をかぶるとハゲる」という噂がありませんでした?

 

私はそれを聞いて、帽子をかぶっている子を見ると「はげちゃうよー」と内心思っていたのを覚えています。

 

それでも昨今の暑さを考えると、帽子をかぶらないと髪の心配よりも熱中症になってしまうのも心配だし。
小さな子供が真夏に帽子をかぶらずに炎天下で遊んでいると「大丈夫?」って思いますもんね。

 

帽子と頭皮

帽子にはメリットとデメリットがあるのが分かりました。

 

髪を紫外線から守ったり、熱中症を防いでくれたりする帽子ですが、帽子をずっとかぶりっぱなしや、汗で帽子の中が蒸れてしまっていたり、小さな帽子をかぶるのは頭皮にとって良くないという事でした。

 

帽子の中が蒸れるという事は、汗と熱で雑菌が繁殖する環境になってしまっているんだとか。

 

自分の頭が雑菌だらけって想像しただけでも気持ち悪いですよね。

 

それに窮屈な帽子は血行を悪くするので頭皮に良くないようです。

 

これを避ければ、夏の帽子は熱中症対策にも絶対にかぶった方がいいですね。風通しのいい帽子を選んだり、時々帽子をとって風を入れてあげるなどの工夫をしていけば「帽子=はげる」ではないですね!

関連ページ

寝不足と綺麗な髪の毛って本当に関係あるの?
寝不足になると肌に影響が出ますよね。気づきにくいですが肌とつながっている髪の毛にも同じように悪影響が出るんです。
タバコは髪の毛に悪影響をあたえるの?
タバコは吸うと禿げやすくなるというのを耳にしませんか?タバコのニコチンによって血流が悪くなることが原因と言われていますが実際のところどうなんでしょうか。