タバコと髪の毛について

私は喫煙者ではないですが、タバコを吸うと血液の流れが悪くなってドロドロの血液になると言われています。

 

それって髪の毛にとってどうなんでしょうか。

 

私の周りにも喫煙者はたくさんいますが、髪の毛がフサフサしている人もたくさんいるので関係ないのかなと思いますが、今回も調べて見ました!

 

喫煙と髪の毛について

髪の毛を作るために必要な成分のビタミン類。たばこを喫煙するとそのビタミン類の多くが消費されてしまいます。

 

またたばこに含まれるニコチンは、血管を細くさせて血行を悪くします。
すると、血液に乗って運ばれる栄養は髪に届かなくなり、薄毛の原因となってしまうそうです。

 

現代では分煙や禁煙の場所も増えたり、たばこ税が上がったりと喫煙者にとっては厳しい世の中になってしまったと思います。

 

しかしそれでもタバコを止められない人も、この事実を知る事で止められる事ができるかもしれませんね。

 

私は喫煙者ではないので関係ない・・・と思っていましたが、実は副流煙でも同じ事が言えるそうです。

 

副流煙が体内に入ると、喫煙者同様の事が起こってしまうそう。

 

また、体内に入らなくても、タバコの煙で空気が乾燥して髪がパサつく原因となるみたいです。

 

タバコを吸う人も吸わない人も、髪の毛について考えるのであれば、タバコを吸わないか、タバコを吸う人の近くへ行かないようにした方がいいですね。

関連ページ

帽子をかぶるとハゲるという都市伝説
帽子をかぶってばかりいると蒸れることが原因でハゲるという都市伝説は本当なのか?よく聞く噂話を検証しました。
寝不足と綺麗な髪の毛って本当に関係あるの?
寝不足になると肌に影響が出ますよね。気づきにくいですが肌とつながっている髪の毛にも同じように悪影響が出るんです。