ホルモンバランスとうまくかかわりましょう

女性はホルモンの影響で、男性にはない髪の変化があります。

 

女性ホルモンには種類があり、排卵後に分泌が盛んになるプロゲステロンという女性ホルモンは、皮脂の分泌を促がす作用があるため、排卵後は頭皮の皮脂が増え、髪がしっとり感じられます。

 

出産後の脱毛も女性ホルモンの影響です。

 

妊娠中は胎児をお腹の中で育てるための女性ホルモンが分泌されるのですが、女性ホルモンが多いと、髪が抜けにくくなることがわかっています。

 

出産するとホルモン分泌量は通常に戻り、抜けずにいた髪が抜けはじめます。

 

脱毛は産後しばらくしてから始まりますが、本人が自覚するのは1か月後くらいからの方がおおいようです。

 

授乳期間中に髪がなんだか弱ってきたと感じるのは、プロラクチンという、乳腺を刺激して母乳を出す女性ホルモンの影響なんです。

 

ただし、授乳中の髪の傷みは、授乳のために睡眠や食事がおろそかになりがちで、髪への栄養が十分に行き渡らないことも原因として考えられます。

 

妊娠・出産後の髪への影響は、徐々に元通りになるので、あまり深刻に悩みすぎないでも大丈夫です。

関連ページ

白髪がある人は禿げないは本当?
昔からよく白髪のある人は禿げないなんていう話を耳にしますよね。あれは「本当」なんでしょうか?それとも都市伝説的なもので「嘘」なんでしょうか。
分け目がずっと同じだと、そこから禿げる?
いつも同じところに分け目をつくっていると頭皮の同じ場所に紫外線があたり、それが原因で禿げるから分け目の位置は定期的に変えた方が良いなんて聞きますが本当なんでしょうか?
産後に大量に髪の毛が抜ける?
女性は出産後に大量の髪が抜けます。ただ人によって程度の差がありいつもより抜け毛多いな!で終わる人もいればカツラが必要になるほどひどい人まで様々です。あまりにひどい場合は対策をした方がいいでしょう。